コラム
share:

ボルボの新型電気自動車「EX30」は、相反する2面性を合わせ持つ文武両道なクルマ


TEXT:小川 フミオ
TAG:

EX30の“二面性”をひとつのかたちに

エクステリアの特徴は、第一に、EX30がSUVであるということ。4.2メートルの全長に、1.55メートルの全高とされているプロポーション。ちょっと背の高いコンパクトなSUVだ。

エクステリアデザインを統括しているのは、ボルボ・カーズのT・ジョン・メイヤー氏。

「ティージョン」なるニックネームを持つ氏が、ボルボのデザイン部に加わってから15年が経つという。ボルボのプロダクトのキモを知り尽くしたともいっていいのではないだろうか。

T・ジョン・メイヤー氏

EX30は、色でも主張がある。5色ある外板色は、穏やかというか、派手さを感じさせないもので、スカンジナビアの自然をイメージさせるものだとか。

たとえば、大きくいえば黄色に分類されるボディカラーについて「モスイエローはスウェーデン西海岸(ボルボ・カーズが本社をもつヨーテボリなどがある)の岩に生える地衣類からインスピレーションを得て」いるとされる。

「プラットフォームは吉利汽車の車種と共用しますが、EX30は、静止から時速100キロまで3.6秒で加速するぐらいパワフルです。そのキャラクターをデザインでもアピールしようと考えました」

ティージョンは、EX30の“二面性”について触れる。

いっぽうに、リサイクルパーツを積極的に使用して地球環境の保全や、二酸化炭素排出量削減などに努める、いってみれば”環境派”の側面。

もういっぽうでは、強力なバッテリーを搭載して、ドライビングプレジャーをもたらしてくれる、スポーティな側面をもつ。

ティージョンの仕事は、そのふたつの異なったキャラクターを、ひとつのかたちとして表現することなのだ。

BEVには同様の二面性がつきまとう。デザイナーの多くが直面する課題を、ティージョンは「かたまり感を意識するように、デザインチームに指示しました」と語る。

次回へ続く

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
BYDの売り上げ鈍化に注目しても意味なし! むしろ心配すべきはテスラか? BYDは利益率も投資額も驚くべき水準だった
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
BEV大国の中国で販売が失速! ここ数年でPHEVのシェアが伸びていた
more
ニュース
ドライブモードにゴーカートモードを用意! MINIの新しい電気自動車「ACEMAN(エースマン)」が登場
ボルボがアメリカで「EX90」の生産を開始! デリバリーは2024年の後半から
1997年デビュー同士の松たか子とゆずが初共演! 日産の軽EV「サクラ」新CM放映開始
more
コラム
電気自動車は儲からない……は過去の話! EVシフトを急速に推し進める「ボルボ」にみる「収益性の改善」
ファーウェイ&シャオミのEVは価格も性能も戦略も強烈!! スマホ系電気自動車メーカーの勢いがヤバい!
中国市場はまだまだEV化の流れが止まらなかった! 内燃機関からPHEVを介してEVシフトするシナリオの中身
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択