コラム
share:

知って役立つEV知識・基礎の基礎/御堀 直嗣 第5回:電気自動車独特の回生ブレーキ


TEXT:御堀 直嗣
TAG:

ワンペダル操作のコツとは

回生によって、電気エネルギーが回収できると話した。では、なぜ減速効果もあるのか。理由は、モーターも発電機も、磁力を使って働くからだ。

モーターは、磁石の同じ極同士の反発力で回転力を出すと説明した。発電機はその逆の作用で電気を生み出すわけだが、そもそも磁力は抵抗でもあるので、ローターの回転を下げようとする。それが減速効果を生み出すのである。

磁力の強弱は、アクセルペダルの操作で調整できる。少し戻すだけなら磁力は弱く、ペダルを戻し切るほどであれば、最大の磁力を発揮する。アクセルペダルの操作による磁力の大小の調節が、いわゆるワンペダル操作に通じる。

ワンペダル操作については、走りがぎくしゃくして扱いにくいとの評価もある。だが、それはエンジン車と同じアクセルペダルの操作をするからであって、EVにはワンペダル操作に適した操作方法がある。

あまり速度を下げたくなければ少しだけペダルを戻し、赤信号などで停止したいほど積極的に減速するならより多くペダルを戻せばよい。加速も減速も、運転者が望む速度に最適に調節できるよう、アクセルペダルを微妙に操作するのが、ワンペダルを上手に使いこなすコツだ。

アクセルペダルをパッと早く戻してしまいがちになるのは、エンジン車での運転が身についているからである。マニュアルシフトでは、変速のときクラッチ操作をするためアクセルは素早く戻す癖がついている。それがエンジン車での運転の基本だ。

オートマチック車でも、トルクコンバーター方式は元々燃費がよくなかったので、より減速度の低い歯車のかみ合いへシフトアップしていくため、アクセルペダルを戻した際のエンジンブレーキ効果が少ない。そこでブレーキを多用した運転になる。

しかしEVはそもそも変速しないので、アクセルペダルを素早く戻す必要がない。それでも、エンジン車と同じ操作をしてしまい、ワンペダルは扱いにくいと思ってしまうのだ。つまり、機構の良し悪しではなく、操作の仕方の問題である。

回生ブレーキをうまく使うのがEV運転の醍醐味

このようにEVでは、強めの回生制御を選び、微妙なアクセルペダル操作を身につければ、わずかな速度調節でも電力を回収しやすくなる。その分、より多くの電気をバッテリーに貯えられるので、走行距離の延長に役立つ。EVで一充電走行距離に差が出やすいのは、回生をいかにうまく使えているかどうかによる。

回生はしかし、交通状況や道の登りくだりといった走行条件によって効果が違ってくる。それでもEVはアクセルを戻せば電力回収できるのだから、たとえば、買い物をしてポイントを貯める感覚でアクセル操作し、バッテリーへの電力回収を心がけると、走行距離を伸ばせるというおまけがつく。そんな気持ちでEVを運転すれば、単に速く走るだけでない、EVならではの面白みを実感できるのではないか。

TAG:

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
BEV大国の中国で販売が失速! ここ数年でPHEVのシェアが伸びていた
中国市場でファーウェイのEVが爆発的人気! ライバルを凌ぐ激安っぷりと超豪華内装のAITO M9とは
more
ニュース
「Hyundai Mobility Lounge富山」がオープン! すべてのヒョンデ車に試乗できるイベントも開催
ビッグカメラとENEOSでんきが強力タッグ! ホンダ「N-VAN e:」の発売に先駆けて充電環境整備のワンストップサービス
大阪・関西万博の建設現場に「電源いらずのコンビニ」出現! どうやって運営しているの?
more
コラム
中国市場はまだまだEV化の流れが止まらなかった! 内燃機関からPHEVを介してEVシフトするシナリオの中身
やっぱり日本でEVは需要薄か!? 国産で好調なのは軽EVだけという現実
数字だけ高スペックでも実際の充電は遅い! EVの進化についていけない急速充電器の現状
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択