イベント
share:

EV建機のインフラ整備を急げ……「第5回 建設・測量生産性向上展」レポート、その2[THE視点]


TEXT:福田 雅敏 PHOTO:福田 雅敏
TAG:
Bobcat E10e(photo=福田 雅敏)

建設・測量生産性向上展「CSPI-EXPO2023」、会場の様子(photo=福田 雅敏)

第5回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO2023)が5月24日(水)~26日(金)まで「幕張メッセ」<千葉市美浜区>にて行われた。

「建設機械の展示会」である本イベントには、国内外から大手建機メーカーが出展しており、建機にも電動化の波が迫っていると、前編にて紹介した。今回も後編として、引き続き展示されていたEV建機を写真とともに紹介する。

ボブキャット……EVならではのミニショベル室内デモ

Bobcat E10e(photo=福田 雅敏)

Bobcatのブースでは、電動ミニショベル「E10e」のデモンストレーションを行なっていた。

Bobcat E10e(photo=福田 雅敏)

室内でデモが出来るのは電動モデルならではのもの。0.025m3の標準バケット容量(バケット内に一度に入る土砂などの容量)に、10.52kWhのバッテリー容量をもつ。

ボルボ……EV小型ショベルを屋外でデモ

ボルボ ECR25 エレクトリック(photo=福田 雅敏)

ボルボのブースは屋外だったが、電動小型ショベル「ECR25 エレクトリック」のデモンストレーションを実施していた。

運転質量2,730kg、バケット容量0.12m3、最高出力30kW(41ps)のモーターに、最大容量20kWhのバッテリーを搭載し、最大4時間の稼働が可能。急速充電にも対応している。

CARRIER……キャタピラー式のEV運搬車

CARRIER MST20Cre(photo=福田 雅敏)

CARRIERのブースでは、業界初となる電動式不整地運搬車「MST20Cre」が展示されていた。

キャタピラー式のダンプで、運転質量2.3トンに最大積載量2トン、最大容量32.8kWhのバッテリーを搭載し最大4時間の稼働が可能。

西尾レントオール……充電器を車載する電動ミニショベル

西尾レントオールのブースに展示されていたタケウチTB20e電動ミニショベル(photo=福田 雅敏)

西尾レントオールのブースには、タケウチの「TB20e電動ミニショベル」を展示。

運転質量1,930kgに最大容量24.7kWhのバッテリーを搭載、最大8時間の連続稼働が可能。充電は車載の普通充電と急速充電に対応している。また車載の普通充電器をケーブルでつないだままでの機械操作も可能だという。

そのほか、電動ランマー、電動ブレードコンパクター、充電式LED投光器などもラインナップする。

キャニコム……MPPとは違うホンダのバッテリーを採用したクローラー機

キャニコム・ジャスパー砂与(photo=福田 雅敏)

キャニコムのブースには、電動の生コン用クローラー「ジャスパー砂与」が展示。

ホンダ製のバッテリーパック(photo=福田 雅敏)

バッテリーはホンダ製だが、「ホンダ・モバイル・パワー・パックe:(MPP)」とは異なるものを使用している。試作車とのことだった。

前田製作所……珍しい電動カニクレーン

前田製作所 MC285CB-3(photo=福田 雅敏)

前田製作所のブースには、ユニークな電動の蟹(カニ)クレーン「MC285CB-3」を展示。

前田製作所 MC285CB-3(photo=福田 雅敏)

走行時はクローラー(約2km/h)で動き、操作中はカニ状態になる。クレーン容量2.8トン、最大地上揚程8.7m。機械質量は約2トン。最大容量7.4kWhのバッテリーを搭載し、連続走行時間2時間15分で、クレーン操作時間9時間30分。ケーブルをつなげば連続運転も可能だ。

長野工業……日本初のクローラー式高所作業車

長野工業 NUL07E-7(photo=福田 雅敏)

長野工業のブースには、日本初という電動クローラー式屈伸ブーム型高所作業車「NUL07E-7」が展示されていた。

最大作業床高さ6.8m、定格積載荷重150kg、機械質量2,740kg、許容路面傾斜角度5度の性能を持つ。6V×8個の鉛バッテリーで最大3日の稼働が可能とのこと。

酒井重工業……ホンダMPP採用のハンドガイドローラー

酒井重工業・電動ハンドガイドローラーのコンセプトモデル(photo=福田 雅敏)

酒井重工業・電動ハンドガイドローラーのコンセプトモデル

ホンダ・モバイル・パワー・パックe:(photo=福田 雅敏)

酒井重工業のブースには、以前レポートした「ホンダ・モバイル・パワー・パックe:」を採用した電動ハンドガイドローラーのコンセプトモデルを展示。

ホンダ・モバイル・パワー・パックe:とその充電器(photo=福田 雅敏)

MPPと専用充電器と共に展示されていた。

エクセン……階段も登れる荷物搬送車

エクセン・電動荷物搬送車(photo=福田 雅敏)

エクセンのブースでは、電動荷物搬送車を展示。

エクセン・電動荷物搬送車(photo=福田 雅敏)

クローラー式で最大500kgの荷物を積み最大40度の坂や階段を上る性能を持ち最大3時間の稼働が可能。10人分の仕事量をこの1台でこなすという。

エクセン・電動荷物搬送車(photo=福田 雅敏)

ディンリーマシナリー日本……電動化が早かった室内用高所作業車

ディンリーマシナリー・高所作業車(photo=福田 雅敏)

ディンリーマシナリー日本のブースには、展示されているもの全てが電動の高所作業車だった。主に室内用なので、古くから電動となっているとのこと。

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
中国から地球上最強コスパの新星EV現る! IMモーターL6の驚くべきスペックとは
BYDの売り上げ鈍化に注目しても意味なし! むしろ心配すべきはテスラか? BYDは利益率も投資額も驚くべき水準だった
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
more
ニュース
「ノート オーラ NISMO」がマイナーチェンジ! 初の4WDモデル「NISMO tuned e-POWER 4WD」が登場
20万人以上が熱狂したホンダのeモータースポーツイベント! 「Honda Racing eMS 2024」の開催決定
欧州市場に日産のNISMOモデルが復活! まずは「アリア NISMO」の導入から
more
コラム
日本での走行テストを確認! 中国BYDの新たな刺客「Sea Lion 07」の驚異の性能
日本のEVシフトは2024年に入り低迷気味! 軽のサクラ&eKを除けば海外勢の健闘が目立つ
BYDがじわり進出もまだ日本のエンジン車が有利! EVシフトが進む「日本車天国」タイの動向
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択