試乗
share:

これぞコスパ最強の電気自動車!180万円で400km走れるBYD「シーガル」に試乗した!


TEXT:小川 フミオ PHOTO:BYD、烏山 大輔
TAG:

想像よりも広い室内

シーガルは、すこし背が高い印象で、SUV的なハッチバックボディを持つ。シャープなキャラクターラインが、後ろ上がりにボディ側面に入る。

ドルフィンなどと共用の「eプラットフォーム3.0」をベースに開発されたシーガル。最近のコンパクトな中国車に多く見られるデザイントレンドのようで、つんのめるような印象を与えるが、速度感の表現なのだろう。おもしろい。

ホイールベースはそれでも2,500mmも確保されていて、かつエンジンや燃料タンクをもたないパッケージングの利を活かし、室内は外からの印象よりはるかに広々としている。

バッテリーは2種類。使い勝手に合わせて、405km(中国式CLTC表示)の走行距離が欲しいひとは、38.88kWhのブレードバッテリーと55kWと135Nmのモーターの組合せを選べる。

比較的近距離の通勤など使用がもっと限定的なら、同出力のモーターに30.08kWhのバッテリーで、走行距離が305kmのモデルという選択肢もある。

トップスピードは時速135km/hに規制されているいっぽう、静止から時速50キロまで加速するのに、4.9秒。そんなに速くはないけれど、バランスを考えればひとつの見識ともいえる。

もうひとつ、日常的な使用を前提に設計されたモデルだと感心するのは、充電時間。それほど高出力の充電器でなくても、30パーセントから80パーセントまでの充電に30分しか要さないと発表されている。

中国では、ショッピングモールの駐車場などにチャージャーが林立しているので、通勤帰りに買い物をする間だけで、ほぼ満充電できるだろう。

BEVの日常使いというサイクルに、シーガルはうまく組み込まれるようコンセプトメーキングされているのだ。

走行距離305キロの下位グレード(「活力」エディション)で価格は7万3,800元(約150万円)。これは中国人の勤め人にとって、そう無理をしないでも払える価格のようだ。

日産サクラが約250万円からなので、このままの価格で日本上陸したら、すごいことになりそう。

 

BYD シーガル 活力エディション

全長:3,780mm
全幅:1,715mm
全高:1,540mm
ホイールベース:2,500mm
一充電走行距離:305km(CLTCモード)
最高出力:55kW(75ps)
最大トルク:135Nm(13.8kgm)
バッテリー総電力量:30.08kWh
モーター数:前1基
駆動方式:FWD(前輪駆動)
フロントサスペンション:マクファーソン・ストラット
リアサスペンション:トーションビーム
タイヤサイズ:前後165/65R15
最小回転半径:4.95m
車両本体価格:7万3,800元(約150万円)

 

BYD シーガル 飛翔エディション

全長:3,780mm
全幅:1,715mm
全高:1,540mm
ホイールベース:2,500mm
一充電走行距離:405km(CLTCモード)
最高出力:55kW(75ps)
最大トルク:135Nm(13.8kgm)
バッテリー総電力量:38.88kWh
モーター数:前1基
駆動方式:FWD(前輪駆動)
フロントサスペンション:マクファーソン・ストラット
リアサスペンション:トーションビーム
タイヤサイズ:前後175/55R16
最小回転半径:4.95m
車両本体価格:8万9,800元(約180万円)
TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
BYDの売り上げ鈍化に注目しても意味なし! むしろ心配すべきはテスラか? BYDは利益率も投資額も驚くべき水準だった
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
BEV大国の中国で販売が失速! ここ数年でPHEVのシェアが伸びていた
more
ニュース
2030年に保有全車のZEV化を目指すMKタクシーに新車種追加! 9車種目のZEVはコレだ!
ドライブモードにゴーカートモードを用意! MINIの新しい電気自動車「ACEMAN(エースマン)」が登場
ボルボがアメリカで「EX90」の生産を開始! デリバリーは2024年の後半から
more
コラム
電気自動車は儲からない……は過去の話! EVシフトを急速に推し進める「ボルボ」にみる「収益性の改善」
ファーウェイ&シャオミのEVは価格も性能も戦略も強烈!! スマホ系電気自動車メーカーの勢いがヤバい!
中国市場はまだまだEV化の流れが止まらなかった! 内燃機関からPHEVを介してEVシフトするシナリオの中身
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択