ニュース
share:

ヒョンデ、ドリフトもできるアイオニック5 Nをグッドウッドで発表。650psのハイパワーBEV


TEXT:烏山 大輔 PHOTO:ヒョンデ
TAG:

サーキット走行時の安定性を向上

動力源となるモーターも大幅なアップグレードを果たしている。最高21,000rpmまで回り、フロント166kW/226ps、リヤは282kW/383ps、システムトータルでは448kW/609psを発揮する。さらにN グリン・ブースト作動時(最大10秒間)には478kW/650psの最高出力を搾り出す。

そんな大パワーを発進時に路面に余すことなく伝えるのが、N ローンチ・コントロールだ。3段階のトラクション・レベルが選択可能で、ベースモデルのアイオニック5(AWD)でも0-100km/h加速は5.2秒と十分な速さだったところを、Nモデルは3.4秒と1.8秒もの短縮に成功している。

熱対策への対応も抜かりない。アイオニック5 Nは、レーストラックの過酷な条件下でオーバーヒートによるパワー損失への対策として、バッテリーの温度管理を強化したほか、冷却面積の拡大、モーターオイルクーラーとバッテリー冷却器の改良、バッテリーとモーターのそれぞれで独立したラジエターを搭載するなど、高温環境下における性能低下を最低限に抑えた。

走行前に、バッテリーを最も電力効率の高い温度に設定したい時には、N バッテリー・プリコンディショニングを利用するといい。フルパワーで短時間の走行が可能な「ドラッグ」モード、より多くの周回をこなすために可能な限りバッテリー温度を低くする「トラック」モードのいずれかを選択可能だ。

さらにN レース機能においては、ドライバーは「エンデュランス」と「スプリント」のどちらを優先するかを選択できる。「エンデュランス」はレーストラックでの走行距離を最大化する。これはピークパワーを制限し、温度上昇を緩やかにすることで可能となった。一方、「スプリント」はパワーを優先し、短時間でフルエネルギーを供給するモードだ。

トラックSOC(充電状態)は、ラップごとのバッテリー消費量を計算するので、周回数が多い場合のペース管理に役立つだろう。

熱狂的なファンに向け

ヒョンデ の調査によると、BEVではドライバーに対するフィードバックが不足する傾向にあることがわかったという。そこでヒョンデ Nのエンジニアは、ドライバーがよりフィードバックを感じられるようにするため、「N e-shiftとN Active Sound +」機能を開発し、アイオニック5 Nに搭載した。

N e-shiftは、ICE車の8速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)車の走行フィールを再現したもので、モーターのトルク出力を制御し、変速やシフト間の「揺れ感」を再現することで、ICEに近い運転体験を提供する。

N Active Sound +は、10個のスピーカーシステム(車内8個、車外2個)により、3つの異なるサウンドテーマを提供する。「Ignition」はNの2.0Tエンジン(i30などに搭載される2Lターボエンジン)のサウンドを再現し、「Evolution」はRN22e(アイオニック6ベースの高性能EVコンセプト)にインスパイアされた特徴的な高性能サウンドを提供。「Supersonic」は、ジェット戦闘機にヒントを得たユニークなコンセプトだ。

パフォーマンス向上のためのエクステリアデザイン

アイオニック5 Nは、性能向上と特別な外観を得るためエクステリアデザインも大幅にアップデートされた。

N モデルは、標準のアイオニック5よりも全高が20mm低くなり(編集部注:Lounge AWDとの差は60mm)、ワイドタイヤを装着するため全幅は50mm広く、専用のディフューザーにより全長は80mm長くなった。21インチ鍛造アルミホイールには275/35R21サイズのピレリP-ZEROタイヤが組み合わせられる。

フロントのエアカーテンとエアフラップは冷却効果を高める装備だ。バンパーの下部のリップ・スポイラーはN専用「Luminous Orange」で、「レーストラック仕様」の外観を与える。

リアには、N専用のウィング(ハイマウントストップランプ付き)が装備され、リアディフューザーとエアアウトレットとともに、空気の流れをコントロールして最適な空力性能をサポートする。バンパーは、チェッカーフラッグのリフレクターグラフィックが施されたN専用のブラックバンパーだ。

サーキット走行に適したインテリアデザイン

ハイパワーなクルマでアグレッシブに走るには、ドライバーの運転環境もそれに対応できるレベルに引き上げる必要がある。そこで「Nシート」では、ボルスター(背もたれの左右部分)を強化することで、コーナリングの強い横Gでも、体をしっかりと支え、常に安定したドライビング姿勢を保つことが追求されている。さらに約20mmローポジション化されたバケットシートも用意される。

アイオニック5 Nのセンターコンソールは、ニーパッドとすね当て、スライド式アームレストを装備、コンソール下部を延長し剛性を高めてサーキット走行に最適化されている。また、USB-C、ワイヤレス充電器、カップホルダーも装備し日常使いにも対応している。

アイオニック5 Nのペダルは、オーバーステア、ドリフト、パワースライドを伴うサーキット走行シーンでのフットコンタクトに最適化され、ペダルの「踏みそこねリスク」も低減する。フットレストも、安定した運転姿勢を維持できるように最適化されている。

新デザインのN ステアリングホイールには、「N」のロゴがあしらわれ、その脇にはドライバーの好みに合わせてドライブモードを設定するN ボタンが配置される。3時の位置にはN グリン・ブーストボタンがある。

ドア・スカッフ・パネル、メタル・ペダル、フットレストに施された新しいチェッカーフラッグのテーマは、アイオニック5のアイコンであるパラメトリック・ピクセルにインスパイアされたもので、Nブランドのモータースポーツ・スピリットを表現している。

アイオニック5 N
全長:4,715mm[+80mm]
全幅:1,940mm[+50mm]
全高:1,585mm[-60mm]
ホイールベース:3,000mm
フロントモーター:166kW(226ps)[+96kW、+131ps]
リヤモーター:282kW(383ps)[+127kW、+173ps]
最高出力:478kW(650ps)[+253kW、+345ps]
バッテリー総電力量:84kWh[+11.4kWh]
モーター数:前1基、後1基
駆動方式:AWD
フロントブレーキ:4ピストン 400mm
リアブレーキ:1ピストン 360mm
回生ブレーキ減速度:最大0.6G
タイヤサイズ:前後275/35R21 ピレリP-Zero
最高速度:260km/h
0-100km/h加速:3.4秒[-1.8秒]
[]内の数値はアイオニック5 Lounge AWDとの差
TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
BEV大国の中国で販売が失速! ここ数年でPHEVのシェアが伸びていた
中国市場でファーウェイのEVが爆発的人気! ライバルを凌ぐ激安っぷりと超豪華内装のAITO M9とは
more
ニュース
「Hyundai Mobility Lounge富山」がオープン! すべてのヒョンデ車に試乗できるイベントも開催
ビッグカメラとENEOSでんきが強力タッグ! ホンダ「N-VAN e:」の発売に先駆けて充電環境整備のワンストップサービス
大阪・関西万博の建設現場に「電源いらずのコンビニ」出現! どうやって運営しているの?
more
コラム
中国市場はまだまだEV化の流れが止まらなかった! 内燃機関からPHEVを介してEVシフトするシナリオの中身
やっぱり日本でEVは需要薄か!? 国産で好調なのは軽EVだけという現実
数字だけ高スペックでも実際の充電は遅い! EVの進化についていけない急速充電器の現状
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択