ニュース
share:

アルピーヌ、2030年までに7台のBEVを発売すると発表


TEXT:烏山 大輔 PHOTO:アルピーヌ
TAG:
  • アルピーヌは、来年から2030年までに7台のBEV(バッテリー電気自動車)新モデルを発売すると発表した。

まず、今年5月にショーカーが公開されたA290は早ければ来年登場予定だ。ルノー5および4のCMFB-EVプラットフォームをベースにしたBセグメント車である。Cセグメント車のクロスオーバーGTは、2025年からフランスのマニュファクチュール・アルピーヌ・ディエップ・ジャン・レデレ工場で生産される予定だ。

そして2017年から始まった新生アルピーヌを支えたA110は、2026年末までに同ブランド独自のAPP(アルピーヌ・パフォーマンス・プラットフォーム)を基に100%電気自動車として生まれ変わる。

このAPPは長さや幅を必要に応じて調整することができるため、A110ベースのロードスターや新しい4シータースポーツクーペであるA310などにも採用される見込みだ。

DおよびEセグメントに属する車両も2030年までにラインナップに加わる予定だ。

BEVを引っ提げ、新たな市場へ挑戦

そして、このフランスブランドは、一連のBEV戦略により、2026年に損益分岐点を黒字に転換させ、2027年からは米国などの新市場にも挑戦していく意欲的な目標を示した。

今回のリリースとともに公開された写真は、7台がV字型に並びDRL(デイタイム・ランニング・ライト)が点灯している。本来であればクルマの後ろ側は、テールランプの赤に光るはずだがブルーになっている。このブルーはブランドのイメージカラーであると同時に、この7台にかける熱い想いを象徴する青い炎のようにも思える。

2021年からF1でライバルと鎬を削っているアルピーヌは、来年からは新たにWECのハイパーカークラスにも参戦予定だ。世界最高峰のレースで戦うこのブランドからどういったBEVが生み出されるのか。今後のリリースに注目していきたい。

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
中国から地球上最強コスパの新星EV現る! IMモーターL6の驚くべきスペックとは
BYDの売り上げ鈍化に注目しても意味なし! むしろ心配すべきはテスラか? BYDは利益率も投資額も驚くべき水準だった
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
more
ニュース
「ノート オーラ NISMO」がマイナーチェンジ! 初の4WDモデル「NISMO tuned e-POWER 4WD」が登場
20万人以上が熱狂したホンダのeモータースポーツイベント! 「Honda Racing eMS 2024」の開催決定
欧州市場に日産のNISMOモデルが復活! まずは「アリア NISMO」の導入から
more
コラム
日本での走行テストを確認! 中国BYDの新たな刺客「Sea Lion 07」の驚異の性能
日本のEVシフトは2024年に入り低迷気味! 軽のサクラ&eKを除けば海外勢の健闘が目立つ
BYDがじわり進出もまだ日本のエンジン車が有利! EVシフトが進む「日本車天国」タイの動向
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択