ニュース
share:

ジャガー、EVの4ドアGTモデルを2023年後半に発表。さらなる新型車の予定も


TEXT:TET 編集部
TAG:

他にも新型EVが2モデル登場予定

また、このモデルの生産は英国ウェストミッドランズのソリハルで行われ、「JEA」と名付けられた新しい専用アーキテクチャーをベースに開発されるとのこと。もちろん、まだデザインの詳細は明らかになっていないが、JLR幹部は「ジャガーを再構築し、モダンラグジュアリーを具現化する」と意気込んでおり、「デザインは他のどのクルマにも似ていない」とアピールする。こうしたことから、非常に先鋭的な外観になることが期待できる。

今後、ジャガー・ブランドでは新しいデザインコンセプトに沿ったBEVを3モデル市場投入する予定で、その第一弾が今回報じられた新型4ドアGTとなる。さらに詳しい情報は本年後半に発表されるとのことだが、ファンとして気になるのは、ニューモデルが「XJ」なのかどうかというところ。この点、JLRから公式のコメントはないが、連綿と続いてきたXJの系譜とネーミングが持つ高いブランド力を考えると、新型4ドアGTがXJを名乗って登場する可能性はありそうだ。

実はBEVの新型XJについては、かつてプロトタイプが目撃されていながら開発が一旦見送られた経緯があり、今回の新型4ドアGTは成り立ちからしてそれとは別物の模様。こうした背景を考えると、JLRは想定より早く進む電動化にアジャストし、より革新的なモデルとしてXJを再定義しようとしているのかもしれない。そんな期待とともに、2024年以降に新型車が日本にも導入されることを期待しながら待つこととしよう。

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
BYDの売り上げ鈍化に注目しても意味なし! むしろ心配すべきはテスラか? BYDは利益率も投資額も驚くべき水準だった
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
BEV大国の中国で販売が失速! ここ数年でPHEVのシェアが伸びていた
more
ニュース
ドライブモードにゴーカートモードを用意! MINIの新しい電気自動車「ACEMAN(エースマン)」が登場
ボルボがアメリカで「EX90」の生産を開始! デリバリーは2024年の後半から
1997年デビュー同士の松たか子とゆずが初共演! 日産の軽EV「サクラ」新CM放映開始
more
コラム
電気自動車は儲からない……は過去の話! EVシフトを急速に推し進める「ボルボ」にみる「収益性の改善」
ファーウェイ&シャオミのEVは価格も性能も戦略も強烈!! スマホ系電気自動車メーカーの勢いがヤバい!
中国市場はまだまだEV化の流れが止まらなかった! 内燃機関からPHEVを介してEVシフトするシナリオの中身
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択