ニュース
share:

トヨタ、上海国際モーターショーでbZシリーズのコンセプトカー2台をワールドプレミア。来年中国に導入予定


TEXT:烏山 大輔
TAG:

ここからは公開された写真から見えた、デザインの特徴を編集部の視点で記す。

bZ Sport Crossover Conceptのインテリア

ステアリングホイールは上端が直線のD形状の2本スポーク、スポーク上にタッチスイッチがある。ステアリングホイールの奥の左右のレバーがスポークの位置よりも下に伸びてきているのが特徴的だ。シフト操作はセンターコンソールのボタンかレバーで行うようだ。

センターディスプレイとドライバー用のメーターディスプレイはどちらも下1/3ほどが湾曲しており、ディスプレイの大きさを確保しつつ、ディスプレイの上端はダッシュボードよりも上に飛び出さない配置とし、ドライバーの視界も邪魔しないよう工夫されていそうだ。ディスプレイを曲げられるということで有機ELを採用しているのかもしれない。ブラックとワインレッドを使い分けた色使いは車名の通りスポーティーだ。

bZ FlexSpace Conceptのインテリア

ステアリングホイールは下端が直線のD形状の2本スポーク、スポーク上にタッチスイッチがある。ステアリングホイール奥の左側のレバーはウインカーのようだが、右側のレバーには「D」の文字が見えるので、シフトを操作するレバーのようだ。

センターディスプレイとドライバー用のメーターディスプレイはどちらも半透明で奥が透けて見える面白い特徴を持っている。ドライバー側のそれはHUD(ヘッドアップディスプレイ)の機能も兼ね備えている。薄いモスグリーンとグレーホワイトの室内からは「安らぎ」や「落ち着き」を感じる。ダッシュボードに見える「芝生」がユニークだ。

2台のエクステリア

両車ともにボディサイドのプレスラインに「Z」字が表現されている。特にbZ Sport Crossover ConceptはCH-Rの躍動的なデザインを直線を使ってより力強く表現している。ここまで直線を多用したトヨタ車は初めての例ではないだろうか。

ヘッドライトもプリウスやクラウンのように、下辺を左右でつなぎ、両端からボンネット方向に折り返すデザインとなっている。これがトヨタの「これからの顔」になるのかもしれない。折り返したそのヘッドライトのラインは、大胆に盛り上がったボンネットに続き、そのままベルトラインとなり、リアドア後端でキックアップし、ブラックアウトされたDピラーに終着している。bZ Sport Crossover Conceptのルーフの前端にはLiDARと思わしき出っ張りも確認できる。

トヨタの反撃の狼煙

両車ともに、排気管やプロペラシャフトが無いBEVなのに、センターコンソールが太く前席の乗員を完全に隔てているのは少しもったいない気がする。特にbZ FlexSpace Conceptは家族で利用することがイメージできるので、充電中などに車内での移動がしやすければ、より楽しい時間を共有できて良さそうだと想像した。

とはいえ、これまではICEベースの車をBEVにしてきた感があり、BEVならではデザインの優位性を100%発揮できていなかった気がするが、この2台はその呪縛を打ち破りトヨタ製BEVの新しいチャプターを開いたように思える。当然両車ともに「コンセプト」なので、市販版がどこまで「落ち着いた」デザインになるかは不明だが、来年のデビューと日本に導入されるのかがとても気になるクルマだ。

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
中国から地球上最強コスパの新星EV現る! IMモーターL6の驚くべきスペックとは
BYDの売り上げ鈍化に注目しても意味なし! むしろ心配すべきはテスラか? BYDは利益率も投資額も驚くべき水準だった
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
more
ニュース
「ノート オーラ NISMO」がマイナーチェンジ! 初の4WDモデル「NISMO tuned e-POWER 4WD」が登場
20万人以上が熱狂したホンダのeモータースポーツイベント! 「Honda Racing eMS 2024」の開催決定
欧州市場に日産のNISMOモデルが復活! まずは「アリア NISMO」の導入から
more
コラム
日本での走行テストを確認! 中国BYDの新たな刺客「Sea Lion 07」の驚異の性能
日本のEVシフトは2024年に入り低迷気味! 軽のサクラ&eKを除けば海外勢の健闘が目立つ
BYDがじわり進出もまだ日本のエンジン車が有利! EVシフトが進む「日本車天国」タイの動向
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択