ニュース
share:

EV生活をスマートにこなすなら自宅充電の「映え」にもこだわりたい! リクシルからスタイリッシュな充電器が誕生


TEXT:TET 編集部 PHOTO:LIXIL
TAG:

住宅周辺機器メーカーならではの「自宅と調和する充電器」

現在、充電機器メーカー各社からリリースされている自宅用充電設備は、建物の外観に馴染むようにデザイン的配慮がなされているものの、どうも機械然とした佇まいに異物感を感じるという方は多いのではないだろうか。

住宅周辺機器の大手メーカーであるリクシルが2024年3月1日に発売する「EV充電器」と「EVコンセントポール」は、住宅周辺機器メーカーとしての知見とデザインセンスを取り入れ、同社の住宅用エクステリア製品と組み合わせることで、より一層住宅の外観に馴染むようデザインされた充電設備となっている。

LIXIL 2024年3月1日発売 EV充電器の接続イメージ

リクシルの「EV充電器」は、充電ケーブルが搭載されており時短充電が可能な6kWタイプと、スタンダードな3kWタイプの2種類が用意される。「EVコンセントポール」は、自身で用意した充電ケーブルを使用することができる、EV・PHEV充電用コンセントのポールとなっている。

今回発売されるふたつの製品は、リクシルのデザイナーズパーツ枕木材を使ったポールのため、エクステリア製品の枕木材と並べてコーディネートすることが可能だ。また、ポールタイプなので、自宅駐車スペースの自由な位置に設置することができ、スタイリッシュな外観づくりにも貢献してくれる。

それぞれの製品の詳細は以下の通りだ。

「EV充電器」は充電器本体に充電ケーブルを搭載した製品で、充電用コネクタをクルマに差し込むだけで充電することができる。仕様は時短充電を可能にした6kWタイプとスタンダードな3kWタイプに分かれ、必要に応じてどちらかを選ぶことになる。

LIXIL 2024年3月1日発売 左写真はEV充電器と枕木材の組み合わせ 右写真は機能門柱FWへのEV充電器取り付け例

カラーラインアップは本体カラーが1色、ポールのカラーは6色設定されていて、使用環境や好みに合わせて枕木材や機能門柱と組み合わせることで外観をコーディネートできる。

もう一方の「EVコンセントポール」は、車載の充電ケーブルや自身で購入した充電ケーブルを使用することで、本体価格を抑えたコンセントポールだ。ポールタイプだから好みの場所に設置でき、制御器ホルダやコネクタホルダなどのアクセサリの取り付けが可能となっている。EV・PHEV充電用屋外コンセントはAC200VもしくははAC100Vから選択が可能。

LIXIL 2024年3月1日発売 EVコンセントポールをEV車に接続しているイメージ

また、コネクタホルダはダイヤルロック付きで、コネクタを保持することができるほか、ホルダの取付位置を変更することができるため、自宅の外観や駐車位置、自車の充電口に合わせてコーディネートできる自由度を持つ。

リクシルのデザイナーズパーツの枕木材100角と同じサイズのため、並べて使用することで自分好みの外観づくりができる。こちらのカラーラインアップも、本体カラー1色、ポールカラー6色の展開となる。

発売は3月1日からで、EV充電器の価格は、6kWタイプのアルミ色が38万7000円、木調色が39万7000円。3kWタイプのアルミ色が32万5000円、木調色が33万5000円だ。

充電ケーブルを自身で用意するEVコンセントポールは、AC200V仕様の場合でアルミ色が5万5600円、木調色が7万1600円。

EVユーザーで戸建て住宅の新築、リフォームを検討中の方は、自宅外観と調和したスタイリッシュな充電環境の整備に、この製品の導入を検討してみてはいかがだろうか。

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
BEV大国の中国で販売が失速! ここ数年でPHEVのシェアが伸びていた
中国市場でファーウェイのEVが爆発的人気! ライバルを凌ぐ激安っぷりと超豪華内装のAITO M9とは
more
ニュース
レクサスが世界最大のデザインイベント「ミラノデザインウィーク2024」に出展! EVコンセプトカー「LF-ZC」にインスパイアされた2作品を展示
70.5kWhの高電圧バッテリー搭載で一充電走行距離は591kmに延長! メルセデス・ベンツが新型EQAを発売
ファン待望のコンパクトモデルが「二刀流」で帰ってきた! アルファロメオ「ミラノ」改め「ジュニア」を名乗るHEV/BEVモデルを発表
more
コラム
固体電池を早くも実用化! 中国のEVセダンは競争激化で「価格も航続距離も性能も」驚異的な世界に突入していた
日産が発表した中期経営戦略! 2026年に100万台の販売増加を打ち出した「The Arc」に立ちはだかるハードル
日産は電動車シフトに突き進む! 中期経営戦略「The Arc」の中身
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
全国約30カ所を巡る! BYDが展示&試乗イベント「Hello! BYD Caravan」を開催
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択