イベント
share:

日本市場で存在感を増す新興EVメーカー……EV開発エンジニアのオートサロン探訪[その2]


TEXT:福田 雅敏 PHOTO:ABTwerke
TAG:

大型貨物EV「エレモ-L」はシンプルだが改善の余地も

HWエレクトロは、環境問題対策と社会貢献をテーマとした「エレクトリック–モビリティ–イノベーション」を推進し、次世代の多用途小型商用EV車「エレモ」の販売を行うファブレスメーカー。2021年4月に輸入小型の電気商用車として国内で初めてナンバーを取得し、同年7月24日より「エレモ」、11月20日より「エレモ-K」の販売を開始した。

今回のオートサロンでは、その上位機種となるバンタイプの「エレモ-L」を発表した。大型バンタイプの「エレモ-L」は、デザインをシンプルにおさえたことで使用用途を自由に発想できる新時代の多目的モビリティを目指しているという。

「エレモ-L」は、全長5,457×全幅1,850×全高2,045mmのボディに43.5kWhのバッテリーを搭載し、最大270kmの走行が可能。最大積載量は1,250kgで長さ2,890mm×バックドア開口幅1,330mm×同高さ1,265mmの荷室スペースをもつ。

徹底した軽量化を図るべく、アルミボディによる基本骨格を持ち、樹脂パネルも多用しているところが特徴だった。高いリサイクル率でSDGsにも資するという。

HWエレクトロはファブレスメーカーだけに「エレモ-L」をどこから調達したのか調べたところ、中国奇瑞汽車の商用車部門Karryからの調達だった。正直なところ、ボディの建付けなどは粗さがあり改善の余地があるように思った。しかし昨今の中国勢などの技術進化を考えれば、改善も早いのではないだろうか。

現在のところ価格は未定で初夏に発売予定だという。今回は参考車両として、貨物仕様以外にもアウトドア仕様も展示されていた。

HWエレクトロはカーコンビニ倶楽部と包括的戦略業務提携を締結したと発表があり、2023年中にカーコンビニクラブを通じて、1,000台の「エレモ-K」のリース販売を目指すと言う。

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
BEV大国の中国で販売が失速! ここ数年でPHEVのシェアが伸びていた
中国市場でファーウェイのEVが爆発的人気! ライバルを凌ぐ激安っぷりと超豪華内装のAITO M9とは
more
ニュース
ありかも、BYD! 長澤まさみさんを起用したBYDの新CMが放映開始
サソリの毒をまるっと1日味わい尽くせ! アバルト500eの1日試乗キャンペーンが開催中
未来のモビリティ社会を牽引せよ! 福島県の自動車大学校に国内唯一の「eモビリティ学科」が誕生
more
コラム
固体電池を早くも実用化! 中国のEVセダンは競争激化で「価格も航続距離も性能も」驚異的な世界に突入していた
日産が発表した中期経営戦略! 2026年に100万台の販売増加を打ち出した「The Arc」に立ちはだかるハードル
日産は電動車シフトに突き進む! 中期経営戦略「The Arc」の中身
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
全国約30カ所を巡る! BYDが展示&試乗イベント「Hello! BYD Caravan」を開催
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択