コラム
share:

価格競争力は十分! スペックも凄い! 驚異のEV「BYDシール」を「テスラモデル3」と徹底比較してみた


TEXT:高橋 優 PHOTO:EV NATIVE/THE EV TIMES
TAG:

先着1000台限定導入記念キャンペーンに注目

そして、もっとも注目するべき値段設定について、シールRWDは528万円、AWDは605万円からであるものの、初期購入キャンペーンとして、1000台限定で33万円の値引きが適用可能。RWDは495万円、AWDも572万円から購入可能です。

しかも、その1000台限定で、ドライブレコーダー、ETC、最大10万円分の充電器設置費用支援、および、初回車検費用までも負担されるeパスポートが付帯。これら4つの特典については35万円相当であることから、この1000台限定キャンペーンの太っ腹具合をイメージできるでしょう。

BYD SEAL

それでは、EV性能とともに重要となる標準装備内容をモデル3と比較していきましょう。

・中央のタッチスクリーンについて、15.6インチの回転式スクリーンを搭載する一方、モデル3は15.4インチを搭載しながら、さらに後席側にも8インチのタッチスクリーンを装備

・USB Cポートについて、最大60Wを実現しながら、スマホの15Wのワイヤレス充電をふたつ装備。モデル3も最大65WのCポートと、15Wのワイヤレス充電がふたつ装備

・テールゲートについて、電動であるものの、モデル3については電動開閉とともにメモリー機能、ハンズフリー開閉機能あり

・シート調整について、運転席側は8方向調整、4方向ランバーサポート、シートヒーター、シートベンティレーションあり。ステアリングヒーター装備も採用するなど、モデル3と同じ。他方でモデル3と比較しても、後席側のシートヒーター、およびステアリングの電動調整、メモリー機能は搭載されず

BYD SEALの装備

・アンビエントライトやヒートポンプシステムは両車種搭載されているものの、シールはワンペダルドライブ不可

・フロント側の窓ガラスしか2重ガラスを採用していないため、高速域の静粛性に関してはモデル3に軍配が上がる格好

・オーディオシステムについて、Dynaudio製の12スピーカーシステムによって、最大775Wもの出力を発揮。対するモデル3 RWDは9つ

・シールAWDについては、メカニカルな可変ダンパーコントロールを採用。乗り心地という観点でスムース

・シールのみ最大1.5kWものV2L機能を搭載

・エアバッグについて、合計9つを搭載。モデル3と比較しても後席のサイドエアバッグを追加、後席の乗員保護能力をさらにカバー

・保証内容について、車両保証が4年10万kmをカバーしながら、バッテリーも8年15万kmをカバー

※シールについては、eパスポートの存在によって、1年毎の法定点検費用、および初回車検費用を内包。また、ブレーキフルードやパワーモーター冷却水などの定期交換部品。並びに、ワイパーやフィルター、キーフォブの電池などの消耗部品の費用を全て負担。中国製EVに対する懸念点の払拭に貢献

また、BYDについては、2024年末までに日本全国で90店舗のディーラーを整備する方針を表明。2025年末までの販売ディーラー100店舗という当初の計画に対して順調である様子です。この販売ディーラー網については、アウディやボルボと同等のネットワーク網となり、アフターサービス体制の規模も一定の水準をクリアするといえるでしょう。

果たして、このBYDのフラグシップEVであるシールの存在によって、日本市場におけるBYDがどのような存在感を見せつけることができるのか。シールが気になった方については、まずは全国55店舗存在する近隣の販売ディーラーに赴いて試乗してみるのがいいでしょう。「#答えは試乗で」です。

※6月25日に発売スタートしたシールの納車時期について、補助金交付決定の兼ね合いでRWDグレードが7月末、AWDは少し遅れて8月末から開始予定

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
中国から地球上最強コスパの新星EV現る! IMモーターL6の驚くべきスペックとは
BYDの売り上げ鈍化に注目しても意味なし! むしろ心配すべきはテスラか? BYDは利益率も投資額も驚くべき水準だった
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
more
ニュース
「ノート オーラ NISMO」がマイナーチェンジ! 初の4WDモデル「NISMO tuned e-POWER 4WD」が登場
20万人以上が熱狂したホンダのeモータースポーツイベント! 「Honda Racing eMS 2024」の開催決定
欧州市場に日産のNISMOモデルが復活! まずは「アリア NISMO」の導入から
more
コラム
日本での走行テストを確認! 中国BYDの新たな刺客「Sea Lion 07」の驚異の性能
日本のEVシフトは2024年に入り低迷気味! 軽のサクラ&eKを除けば海外勢の健闘が目立つ
BYDがじわり進出もまだ日本のエンジン車が有利! EVシフトが進む「日本車天国」タイの動向
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択