ニュース
share:

KGモーターズの超小型モビリティ「mibot」の先行注文受付を開始! 広島・東京では実車展示イベントも開催される


TEXT:TET 編集部 PHOTO:KGモーターズ
TAG:

2025年9月から量産開始予定 先行注文者に優先納車

広島県のベンチャー企業「KGモーターズ」が開発を進めてきたEVのひとり乗り超小型モビリティ。2024年1月の試作1台目完成披露では、どちらが頭かわからぬ奇想天外な前後対称デザインで強烈なインパクトを残した。続く5月には2025年の量産販売開始に向けて車両の正式名称を「mibot(ミボット)」とすることが発表され、着実に販売に向けて前進していることをアピールしてきた。

特徴的な前後対称デザインを採用したKGモーターズの超小型モビリティ「mibot(ミボット)」は2024年8月から先行注文が開始される

そのmibotについて、KGモーターズから具体的な販売スケジュールが発表された。それによると、量産開始は2025年9月を予定し、2024年8月からは先行注文受付を公式サイト上で開始するとのことだ。納車はこの先行注文者から順次開始していくとしているから、Youtubeで開発工程を見守っていたファンは、この先行注文に殺到することが予想される。

それでは具体的なスケジュールが判明したところで、mibotの寸法と特徴をおさらいしておこう。

■KGモーターズ「mibot(ミボット)」※開発中スペック
全長:2490mm
全幅:1130mm
全高:1465mm
最大積載量:45kg
航続距離:100km
登坂性能:23%勾配(13度)
最高速度:60km/h
充電AC100V:5時間
乗車定員:1名

2025年9月の量産開始に向けて開発中のKGモーターズ「mibot(ミボット)」のボディサイズ

■mibotの主な特徴
• デザイン: レトロでどこか懐かしいデザインと、前後対称の近未来的なスタイル
• 安全性: 小型で軽量ボディながら、独自の技術で高い安全基準を確保
• 快適性: ドア・エアコン付きで快適に利用できる
• 経済性: 維持コストが低く、日常の移動が経済的に負担なく楽しめる
• 環境性能: 小型で軽量のため、エネルギー効率が高く環境に優しいモビリティ

広島と東京で実車展示イベント

そしてこのmibotの先行注文受付に先立って、広島T-SITEと東京の二子玉川にある蔦谷家電+で実車の展示イベントが行われることが決まった。イベントでは実車展示に加えて、広島を代表するクリエイター、IC4DESIGNのカミガキヒロフミ氏によるイラスト「mibotが走る未来の街」も展示される。mibotをはじめとする超小型モビリティから大型車両まで、多様なモビリティが共存する豊かな都市風景が表現されたこのイラスト、実車とともにぜひ注目いただきたい。

KGモーターズの超小型モビリティ「mibot(ミボット)」が走る未来の街をイメージしたIC4DESIGNのカミガキヒロフミ氏の書き下ろしイラスト

ひとり乗りのEV超小型モビリティというジャンル自体はまだまだ希少カテゴリーではあるものの、EVの特性を活かしたジャンルであることは間違いない。デザイン性の高さが売りのひとつでもあるmibotのようなクルマが街に溢れたら、街が華やぎ活気にあふれるだろう。そんな未来を思い浮かべながらも、現実的にmibotを先行注文前に品定めしたいという向きには、この絶好の機会を逃す手はない。ぜひ会場に足を向けてもらいたい。

<広島展示イベント概要>
期間:2024年7月5日(金) – 7月7日(日)
時間:10:00 – 18:00
場所:広島T-SITE 1号館1F プロムナード
住所:広島県広島市西区扇2丁目1-45

<東京展示イベント概要>
期間:2024年7月10日(水) – 8月31日(土)
時間:10:00 – 20:00
場所:蔦屋家電+
住所:東京都世田谷区玉川1丁目14-1
二子玉川ライズS.C. テラスマーケット二子玉川 蔦屋家電1F

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
中国から地球上最強コスパの新星EV現る! IMモーターL6の驚くべきスペックとは
BYDの売り上げ鈍化に注目しても意味なし! むしろ心配すべきはテスラか? BYDは利益率も投資額も驚くべき水準だった
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
more
ニュース
「ノート オーラ NISMO」がマイナーチェンジ! 初の4WDモデル「NISMO tuned e-POWER 4WD」が登場
20万人以上が熱狂したホンダのeモータースポーツイベント! 「Honda Racing eMS 2024」の開催決定
欧州市場に日産のNISMOモデルが復活! まずは「アリア NISMO」の導入から
more
コラム
日本での走行テストを確認! 中国BYDの新たな刺客「Sea Lion 07」の驚異の性能
日本のEVシフトは2024年に入り低迷気味! 軽のサクラ&eKを除けば海外勢の健闘が目立つ
BYDがじわり進出もまだ日本のエンジン車が有利! EVシフトが進む「日本車天国」タイの動向
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択