ニュース
share:

マッチも亜久里もチームを率いて参戦! なぜトムスは「EVカート」に本気なのか?


TEXT:斎藤 充生 PHOTO:トムス/斎藤 充生
TAG:

業界活性化に向けた3つの課題

カートがEVである理由

では、なぜ「EV」である必要があるのかということだが、それにはカート競技を普及させるための課題と対策を見ていく必要がある。

トムスが力説するのはカート競技の裾野をいかに拡大していくのかという点だ。レンタルでも遊具としてでも構わない。カートをやってくれる人が増えれば増えるほど、そのなかの一部に競技に挑戦したいと思う人が現れ、業界活性化につながる流れができれば理想だと説明する。そのための課題は3点、「継続的なタッチポイントがほとんど無いこと」「郊外にしかサーキットがないこと」「競技への参画費用が高いこと」だ。

1点目については、昔ならデパートの屋上や遊戯施設にはゴーカートが必ずと言っていいほど設置され、幼少のころから誰でも気軽にクルマを操ることができた。齢を重ねるごとに実車に興味がわき、運転免許を取得すればクルマを買いデートに出かける。それが自然な流れであったが、近年はゴーカートの設置個所が減少し、原点的な体験機会が減少している。スマホコンテンツの充実をはじめとして、余暇の過ごし方が多様化し、コンテンツにあふれる現代においては致し方なしとみることもできるが、デジタル社会に則したやり方で活路を見出したいという。モータースポーツに関するデジタルコンテンツの提供やメディアの活用、さらには市街地レース開催などで潜在層とのタッチポイントを増やすことで、ひとりでも多くの方にモータースポーツに目を向けてもらえる環境づくりを目指すという。

カート競技のすそ野をいかに拡大するかを現わした図

2点目のサーキット問題だが、ここがEVカート誕生の最大の理由になる。騒音・排気問題や土地の問題から山奥や郊外に作らざるを得ないサーキット場は、そもそも子どもたちや気軽な感覚でやりに行こうとする大人にとってアクセスに難がある。しかし、排気ガスが出ないEVカートならば、屋内型施設でも運用が可能になるだけでなく、低騒音から都市部での施設運用が期待できる。よって駅から歩いて行ける、ショッピングモールに隣接しているなど、多くの一般客の目に留まり、体験しやすい環境を整えることができる。

事実、トムスが運営し今回の発表の場となったシティーカート東京ベイは、お台場から近いうえに、りんかい線とゆりかもめの駅から徒歩数分の距離に位置している。目の前には大規模な店舗施設が存在し、誰しもがアクセスしやすく目に留まりやすい環境だ。さらに、子ども向けのカートから成人向けまで屋内外に用意され、シミュレーターも備わる。いわばEVカートのメリットを最大限に活かしたショーケースであり、これに倣った施設が全国に展開されることが、競技人口の引き上げには望ましい。

シティサーキット東京ベイを俯瞰で見る 左手に屋外コース 右手に屋内カート場やシミュレーターを設置した建物が見える

3点目の競技に参加するための費用だが、現在アマチュア選手が全日本カート選手権を1年戦おうとすれば、年間1000万円はくだらないという高額な参戦費用が課題となっているという。これでは、近所のジョギングから始めた者がミニマラソンを経験し、魅力に取りつかれてフルマラソンでタイムを競うまでには到達しない。年間を戦い抜く前に金銭面で途中リタイアだ。

そこで考え出されたのが、1・2点目の課題を克服して、ひとりでも多くの方にモータースポーツ、カートに目を向けてもらうこと。そしてカート大会を興行として成立させキャッシュフローを発生させることで、参加者の経済的負担を軽減し、世界で活躍できる選手の発掘と育成につなげていきたいとトムスは考えているようだ

「頂点を光らせる」ことの重要性

これらの課題克服として形作られたのが、全日本カート選手権EV部門だ。これまでの2シーズンはテスト的なシーズンで、3シーズン目の今年が本格的なシリーズの開幕となる。現時点では参戦チームのオーナー、スポンサーに依存する形ではあるが、参加選手はエントリー費程度で競技に参加できるようになるのが理想だと、トムスの谷本氏は語る。

ただし、参加障壁を取り払うだけでは有力な選手の育成にはつながらず、「頂点を光らせる」ことが重要だという。参加しても上を目指せなければ意味がない。全日本カートを経て四輪レースでも活躍できることを証明し、憧れの存在になってもらう、つまりは目指すゴールの頂点が光っている必要があるということだ。

野球で言えばメジャーリーグで活躍する大谷選手が最たる例だろう。あのような活躍を見せるために、それまでどのような経験を積んできたのか誰もが知りたくなる。野球を始めてみようと思う人も出てくれば、試合を見に行こうと思う人も現れる。野球選手を目指す子どもたちだって増える。そういった好循環を生み出すためには光る存在が不可欠だ。

その好循環をモータースポーツ界で起こすためには、原点のカートがもっと身近でなければならない。長年モータースポーツの強豪に位置するトムスが、EVカートに取り組む趣旨はそこにあると筆者は理解し、ようやくモヤモヤとしたものが取れた気がした。

発表された趣旨に賛同し、2024年の全日本カート選手権EV部門に参戦するのは6チーム12台。6月の開幕を前に、発表会に続いて事前オーディションを勝ち抜いた参戦候補生の所属先を決めるドラフト会議が開催された。近藤真彦、鈴木亜久里といったビッグネームが揃う参戦チームや、選出されたドライバー、さらには関係者にEVカートの印象や今後の展望をインタビューしているので、それは次の機会に報告させていただこうと思う。

2024年の全日本カート選手権EV部門にエントリーする6チームの各代表 近藤真彦 鈴木亜久里 舘信秀も顔を連ねる

全日本カート選手権EV部門の開幕戦は宮城県・スポーツランドSUGOにて、6月15日(土)・16日(日)の両日決勝で開催される。

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
中国から地球上最強コスパの新星EV現る! IMモーターL6の驚くべきスペックとは
BYDの売り上げ鈍化に注目しても意味なし! むしろ心配すべきはテスラか? BYDは利益率も投資額も驚くべき水準だった
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
more
ニュース
「ノート オーラ NISMO」がマイナーチェンジ! 初の4WDモデル「NISMO tuned e-POWER 4WD」が登場
20万人以上が熱狂したホンダのeモータースポーツイベント! 「Honda Racing eMS 2024」の開催決定
欧州市場に日産のNISMOモデルが復活! まずは「アリア NISMO」の導入から
more
コラム
日本での走行テストを確認! 中国BYDの新たな刺客「Sea Lion 07」の驚異の性能
日本のEVシフトは2024年に入り低迷気味! 軽のサクラ&eKを除けば海外勢の健闘が目立つ
BYDがじわり進出もまだ日本のエンジン車が有利! EVシフトが進む「日本車天国」タイの動向
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択