ニュース
share:

ひとり乗りだけど「これでいいのだ!」 KGモーターズが開発中の超小型EV「ミニマムモビリティ」試作1台目の完成を発表


TEXT:TET 編集部 PHOTO:KGモーターズ/TET 編集部
TAG:

気になる車両スペックと今後のビジョン

KGモーターズは今回の発表を機に、1月31日から2月2日までの3日間、関係各社に向けてお披露目会を開催した。

東広島の拠点には、投資家や協力会社、メディアを含む15社が集まり、楠一成代表取締役CEOから試作車両の完成とそのコンセプトについての詳細が報告された。また、目標販売価格である100万円に向けたターゲット原価についても説明が行われた。

さらに、共同創業者であり取締役の横山文洋氏からは、量産に向けた資金調達スケジュールや資金使途の共有が行われた。調達のためのマイルストーンも発表され、KGモーターズの成長に向けた戦略的な計画が明かされている。

KGモーターズ共同創業者 横山文洋取締役が量産に向けた資金調達スケジュールなどを説明

最後に、ミッションビジョンの共有が行われ、今後の人口減少時代においてエネルギー効率が高く、維持コストが安い超小型モビリティの重要性が改めて強調された。同社は超小型モビリティの開発を通じて、「今日より明日がよくなる未来」を実現させるべく事業を推進していくとしている。

KGモーターズ ミニマムモビリティ試作車完成披露 ビジョンの共有説明

国土交通省の調べでは、日本の自動車利用の約7割は10km以内の距離をひとりで移動しているのだという。ひとり乗りの超小型モビリティは、そうした利用実態に即したジャストサイズなモデルだと言える。

住宅街の狭い路地や道幅の狭い農道などで取りまわしが良いことから、運転に不慣れなドライバーにも適しているうえ、EVならば環境負荷が少なく経済的にも優しい。今後ますます注目すべきセグメントなのではないだろうか。

KGモーターズ「ミニマムモビリティ」 試作車スペック

全長:2450mm
全幅:1090mm
全高:1500mm
定格出力:0.59kW
ピーク出力:5kW
航続距離:100km
充電AC100V:5時間
乗車定員:1名

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
中国市場でファーウェイのEVが爆発的人気! ライバルを凌ぐ激安っぷりと超豪華内装のAITO M9とは
日本のEV販売動向に衝撃! 果たして2023年に日本では何台のEVが販売されたのか?
いまタイで2番目に売れているクルマはBYDドルフィンだった! 東南アジア・タイに見る新興国の驚きのEVシフト動向
more
ニュース
マクドナルドでEV充電! 一部店舗にDMM EV CHARGEのEV充電器を設置
「ちょっとそこまでお買い物」に豪華装備はいらない! アントレックスの超小型EV「EV-eCo」は割り切りの良さで低価格を実現
水力発電した電気のEV用急速充電器活用でゼロエミッション東京を目指す
more
コラム
テスラ追撃へポルシェが本気! EVのみのモデルに生まれ変わる「マカン エレクトリック」がバカ売れ必至
中国市場でファーウェイのEVが爆発的人気! ライバルを凌ぐ激安っぷりと超豪華内装のAITO M9とは
大市場の中国でレクサスの勢いに陰り! 大幅値引きで闘う主力のESも続々登場するライバルを相手に苦戦気味
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
2月10日(土)〜2月13日(月/祝)は大阪がアツい! 小型EVにも乗れる西日本最大級のカーイベント「大阪オートメッセ2024」の前売りチケットが絶賛販売中
レクサスが次世代バッテリーEVコンセプト「LF-ZC」から着想を得たインスタレーションをマイアミ現代美術館にて展示
ホンダが「CES 2024」に出展! 新たなグローバルEVシリーズを世界初公開
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択