コラム
share:

トヨタの「からくり」やカイゼンに満ちたクルマづくりを、EVも混流生産する現場で見た


TEXT:桃田 健史 PHOTO:トヨタ
TAG:

踏み台と椅子が合体した”からくり”で作業効率を上げた様子。出典:トヨタ

マルチパスウェイプラットフォーム向け生産で電動化に対応

トヨタには電動車で大きく3つの枠組みがある。

ひとつは、 TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を使い、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、BEV、FCEV(燃料電池車)を使い分ける、「マルチパスウェイプラットフォーム」。

二つ目が、「bZ4X」と「ソルテラ」から導入した、BEV専用TNGAのe-TNGA。

そして三つ目が、現在研究開発を進めている「次世代BEV」である。

このうち、元町工場では前述の生産モデルを見て分かるように「マルチパスウェイプラットフォーム」と「e-TNGA」が混流生産されている。

パワートレーンの多様化についても、汎用トレーで対応して作業効率をあげている。

マルチパスウェイプラットフォームでは、内燃機関+モーター、モーター、燃料電池など各種パワートレインに対応する。最終組立ラインにこれらの各種パワートレインを運ぶ際、共通のトレーでその一部を変更することで対応し、作業効率を上げている。実際、各種パワートレインの大きさはかなり違い、汎用トレーに対すトヨタの工夫に驚いた。

ボディのシルエットもミニバン、セダン、SUVなど様々あるが、混流生産ラインでは、作業をする上で様々なカイゼンを行い、作業の効率化と作業員の疲労軽減につとめている。

例えば、作業を楽にする「からくり台車」がある。

立ち仕事で、様々なモデルに対応すると背伸びをしたり、かがんだりと、作業員の動きがモデル毎に大きく変わっている。

そこで、生産ラインで同期する、親台車と子台車を上手く使い分ける。子台車の中にはコンパクトな踏み台が装備されており、モデルに応じて使い分ける。視察中も、車内で座った状態で部品の組付けをする様子が分かった。

そのほか、ラインの床部を黄色ペイントすることで、各種照明が反射する明るさを利用して車体下部の部品取付けの効率を上げている。

ライン床部を黄色にペイントし、作業中の明るさを確保。出典:トヨタ

作業時間の長いクルマを連続で流さない工夫

多様な電動車を混流生産すると、1台あたりの作業時間は当然変わってくる。

例えば、MIRAIは11.3時間、パトカーは10.1時間、ノアは9.6時間、そしてbZ4Xは8.8時間それぞれかかる。

また、ひとつの工程の作業時間でも、MIRAIとbZ4Xでは最大で30秒もの差が生じている。

こうした状況で、作業時間の長いクルマを混流ラインで連続して流さないことで、生産ライン全体での平準化を図っていることが分かった。

近い将来、次世代BEVの自走ラインの実用化も進むが、元町工場内が今後どのように進化するか、改めて視察に来たいと未来に向けた期待が高まった。

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
中国市場でファーウェイのEVが爆発的人気! ライバルを凌ぐ激安っぷりと超豪華内装のAITO M9とは
日本のEV販売動向に衝撃! 果たして2023年に日本では何台のEVが販売されたのか?
いまタイで2番目に売れているクルマはBYDドルフィンだった! 東南アジア・タイに見る新興国の驚きのEVシフト動向
more
ニュース
マクドナルドでEV充電! 一部店舗にDMM EV CHARGEのEV充電器を設置
「ちょっとそこまでお買い物」に豪華装備はいらない! アントレックスの超小型EV「EV-eCo」は割り切りの良さで低価格を実現
水力発電した電気のEV用急速充電器活用でゼロエミッション東京を目指す
more
コラム
テスラ追撃へポルシェが本気! EVのみのモデルに生まれ変わる「マカン エレクトリック」がバカ売れ必至
中国市場でファーウェイのEVが爆発的人気! ライバルを凌ぐ激安っぷりと超豪華内装のAITO M9とは
大市場の中国でレクサスの勢いに陰り! 大幅値引きで闘う主力のESも続々登場するライバルを相手に苦戦気味
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
2月10日(土)〜2月13日(月/祝)は大阪がアツい! 小型EVにも乗れる西日本最大級のカーイベント「大阪オートメッセ2024」の前売りチケットが絶賛販売中
レクサスが次世代バッテリーEVコンセプト「LF-ZC」から着想を得たインスタレーションをマイアミ現代美術館にて展示
ホンダが「CES 2024」に出展! 新たなグローバルEVシリーズを世界初公開
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択