コラム
share:

なぜ、アルミ総合仮設機器の老舗が電動キックボードに参入? 長谷川工業「YADEA(ヤディア)」で特定原付モデルを初公開 試乗した感想は?


TEXT:桃田 健史 PHOTO:桃田健史
TAG:

特例特定原付にも対応

「KS6 PRO」のスペックは、全長1,192mm×全幅520mm×全高1,258mmでタイヤサイズは10インチを採用。重量は22kgで、最大荷重は110kgとした。

ブレーキはフロントがドラム式でリアはディスクと回生ブレーキが効く。

モーターの定格出力は500Wで、バッテリーは36V/15Ah。満充電までの時間は5時間で航続距離は60kmとなる。

最高速度は、特定原付の法規に従い20km/h(Sモード)。また、特例特定小型原動機付自転車(特例特定原付)としての保安基準をクリアしているため、ECOモードは最高速度が6km/hに抑制される。

会見後、室内の限られたスペースで「KS6 PRO」を試乗した。

最初は、特例特定原付の状態であるECOモード(6km/h)を試した。

走り出しの状態は、機体を手で押しながら少し勢いをつけてから乗る必要がある。停止状態から一気に加速することを防ぐための措置だ。3km/hからモーターが動き出すが、すぐに6km/hで速度制御がかかった。ハンドルの末端両サイドで特例特定原付として走行している証明として、グリーン色のライトが点滅する。

走行中、機体の直進安定性は保たれているが、この状態を長く保持するには運転者は少し神経を使うように感じる。これは「KS6 PRO」についてというより、特例特定原付での6km/hでの二輪車走行に対する感想だ。

次に、Sモード(20km/h)にすると、しっかり加速し、またブレーキの効きも自然でコーナーリング中の姿勢も安定する。


「正しい方向で需要が広がって欲しい」との思いを込めて

販売については、2022年3月から販売している、第一種原付モデル向けですでに構築している、全国約150店舗の大手電機量販店やホームセンターで対応する。また、大手ECサイトでも取扱いがある。

ただし、特定原付では、2023年7月に官民協議会で決まった、「特定原付の安全な利用を促進するために関係事業者が取り組むべき交通安全対策についてのガイドライン」等に沿った対応が必要であり、一般原付とは販売での対応が違う。

メインテナンスについては、基本的に販売店で行うが、大がかりな修理が必要な場合は兵庫県西脇市にある長谷川工業の自社施設で対応する。

今回の改正道路交通法の施行によって、特定原付という新しい乗り物が登場することで、実質的に、道路上での乗り物の数が増えていくことになり、特定原付の存在を不安視する声も少なくない。

そこで、長谷川工業では、社員がユーザーに直接指導する形での電動キックボード試乗会や説明会を全国各地でこれまで100回以上も開催。ユーザーに対して電動キックボードの楽しさや利便性をしっかり伝える活動を続けているところだ。

長谷川泰正社長は「購入や利用方法など、ユーザーが正しい手順を踏めるような仕組み作りを弊社が積極的に行うことで、(特定原付としての)電動キックボードが(世の中に)正しく広がって欲しい」と「KS6 PRO」かける思いを語った。

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
BYDの売り上げ鈍化に注目しても意味なし! むしろ心配すべきはテスラか? BYDは利益率も投資額も驚くべき水準だった
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
BEV大国の中国で販売が失速! ここ数年でPHEVのシェアが伸びていた
more
ニュース
ドライブモードにゴーカートモードを用意! MINIの新しい電気自動車「ACEMAN(エースマン)」が登場
ボルボがアメリカで「EX90」の生産を開始! デリバリーは2024年の後半から
1997年デビュー同士の松たか子とゆずが初共演! 日産の軽EV「サクラ」新CM放映開始
more
コラム
電気自動車は儲からない……は過去の話! EVシフトを急速に推し進める「ボルボ」にみる「収益性の改善」
ファーウェイ&シャオミのEVは価格も性能も戦略も強烈!! スマホ系電気自動車メーカーの勢いがヤバい!
中国市場はまだまだEV化の流れが止まらなかった! 内燃機関からPHEVを介してEVシフトするシナリオの中身
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択