ニュース
share:

充電10分で300km走行も実現間近! BMW「ノイエクラッセX」発表で自らの変革を示す


TEXT:TET 編集部 PHOTO:BMWグループ
TAG:

「駆け抜ける歓び」を磨き、電動化・デジタル化・循環型社会に対応

例えばすべてが刷新された4つの主要なコントロールユニットは、それまでのコンピューターでは個別に処理がなされていたものを、同時に動かし連携することで大幅に処理能力を向上させ、自動運転であったり、ダイナミックな運動性能の向上につなげ、BMWらしい「駆け抜ける歓び」をさらに磨いていくとしている。

SAV向けに最低地上高をより高く設けた電気自動車用アーキテクチャは、車内空間の拡大に加え、長いホイールベース、短いオーバーハングを実現している。これまでのBMW各Xモデルのエクステリアデザインを継承しながら、先進性を盛り込み近い将来のXモデルを示唆するデザインにまとめ上げている。

2024年3月発表 BMWビジョン ノイエクラッセ エックスのサイドビュー EV充電口は左リヤの側面に設けられている

インテリアはデジタル化が進んでいる。再設計されたマルチファンクション付ステアリングホイール、直感的なタッチ操作機能のセンターディスプレイに加え、BMWパノラミックビジョンが、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントの先進的なボイスコントロールと相まって、人間とクルマをつなぐ扱いやすい直感的なインターフェイスとして機能する。BMWパノラミック・ビジョンは、フロントウィンドウの全幅に主要な情報を投影する。

2024年3月発表 BMWビジョン ノイエクラッセ エックスのインテリア 運転席回りにはパノラミックビジョンを採用

また、ノイエクラッセXの量産モデルでは、アップデートされたBMW 3Dヘッドアップ・ディスプレイを搭載予定だという。

ノイエクラッセXはEVとしての基本性能も新たな領域に入っている。その主要な役割を担うのは、最新の第6世代BMW eDriveテクノロジーである。改良されたe-driveユニットに加え、これまでの角形バッテリーよりも体積エネルギー密度が20%向上した新しい円形リチウムイオン・バッテリーを搭載。これを800Vへ移行したシステムと組み合わせることで、充電速度が最大30%改善し、300kmの航続距離に必要な電気をわずか10分で充電することができる。

その結果、第6世代BMW eDriveでは航続距離が最大30%延長することとなった。これにはドラッグを20%軽減させた空力性能の進化も大きく寄与している。

2024年3月発表 BMWビジョン ノイエクラッセ エックスは第6世代のeDriveテクノロジーを搭載し、わずか10分の充電で300㎞走行することが可能に

一方で循環型社会に対する取り組みにも余念がない。ノイエクラッセXのインテリアのために、100%植物と鉱物に由来する原料で、石油を一切使わずに製造するサーフェス用素材が開発された。これはドアパネリング下部とセンターコンソールに使用する予定である。

海洋プラスチックも初めて使用し、射出成形パーツの材料になる。廃棄漁網などから採取したこの二次原料の利用率は、特定の部品では既に30%を占める。

2024年3月発表 BMWビジョン ノイエクラッセ エックスのインテリアには、循環型社会への対応として100%植物と鉱物に由来する原料を開発し、素材に使用している

こうした素材と構成手法を選択することで、部品の分解が容易になりリサイクル率も高まる。サイドスカートとフロントエプロンおよびリヤエプロンの付属品も、単一のリサイクル素材を使用。この取り組みにおける新デザインコンセプトは、2021年に発表した「BMW i ビジョン サーキュラー」が示したRE:THINK、RE:DUCE、RE:USE、RE:CYCLEの原則に沿っており、リサイクル性を最適に実現するために広い範囲に単一素材を使用している。

さらに、ノイエクラッセは、生産についても新たなフェーズに入る。ハンガリーにあるBWMグループ・デブレツェン工場は、「iFACTORY」として計画と開発が行われており、2025年にノイエクラッセの量産モデルが生産を開始となるのにあわせ、世界のBMWグループ製造拠点のなかでは初めて化石燃料以外のエネルギーのみで稼働する工場になるという。

2台のBMWビジョン ノイエクラッセ 左は2023年発表のセダンモデル 右は2024年発表のSUVモデルにあたるエックス

BMWは歴史上重みのある「ノイエクラッセ」という名称をあえて採用し、自らの大きな変革を表現している。同時にその変革を取り入れた量産車が、2025年には登場することが明言された。ノイエクラッセXは、BMWの新章が間もなく始まることを告げるプロローグ的な存在なのだ。

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
BEV大国の中国で販売が失速! ここ数年でPHEVのシェアが伸びていた
中国市場でファーウェイのEVが爆発的人気! ライバルを凌ぐ激安っぷりと超豪華内装のAITO M9とは
more
ニュース
レクサスが世界最大のデザインイベント「ミラノデザインウィーク2024」に出展! EVコンセプトカー「LF-ZC」にインスパイアされた2作品を展示
70.5kWhの高電圧バッテリー搭載で一充電走行距離は591kmに延長! メルセデス・ベンツが新型EQAを発売
ファン待望のコンパクトモデルが「二刀流」で帰ってきた! アルファロメオ「ミラノ」改め「ジュニア」を名乗るHEV/BEVモデルを発表
more
コラム
固体電池を早くも実用化! 中国のEVセダンは競争激化で「価格も航続距離も性能も」驚異的な世界に突入していた
日産が発表した中期経営戦略! 2026年に100万台の販売増加を打ち出した「The Arc」に立ちはだかるハードル
日産は電動車シフトに突き進む! 中期経営戦略「The Arc」の中身
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
全国約30カ所を巡る! BYDが展示&試乗イベント「Hello! BYD Caravan」を開催
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択