ニュース
share:

ホンダ、第13[国際]スマートグリッドEXPOに出展


TEXT:栁 蒼太
TAG:

ホンダは、2023年3月15日(水)から3月17日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第13回[国際]スマートグリッドEXPO」に出展する。

同社は、2050年に関わる全ての製品と企業活動を通じてカーボンニュートラルを実現することを目指している。この実現に向けた取り組みの一つとして、今回のスマートグリッドEXPOでは、電動モビリティとエネルギーサービスを繋ぎ「自由な移動の提供」と「再生可能エネルギーの利用拡大」に貢献する「Honda eMaaS(イーマース)」の世界観や、「移動」と「暮らし」の可能性を広げる、着脱式可搬バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」の活用事例を展示する。

主な出展物

●Honda Mobile Power Pack e:(モバイルパワーパックイー)(※1)
さまざまな電動モビリティ/機器の動力源として活用が可能な、1.3kWh以上の大容量電力を貯蔵するリチウムイオンバッテリー。再生可能エネルギー由来の電力を、モバイルパワーパックにためて持ち運びできるようにすることで、電動モビリティ/機器の動力としてはもちろん、家庭内・屋外での電源、また災害時の電力供給など、「移動」と「暮らし」の中でさまざまな用途への拡大が期待できる。
※1 バッテリーリサイクルの社会的責任の観点から、バッテリー回収に協力できる法人向けの販売を行なっている。

●Honda Power Pack Exchanger e: (パワーパックエクスチェンジャーイー)
複数のモバイルパワーパックを同時に充電し、スムーズな交換・利用を可能とするバッテリー交換ステーション。街中に設置することで、必要な時に充電済みバッテリーに交換することができ、充電時間を待つことなく、効率よく電動モビリティを利用することを可能となる。

●GYRO CANOPY e: (ジャイロ キャノピー イー)
配送業務などでに利用されている「Honda e: ビジネスバイク」(※2)シリーズの一つで、モバイルパワーパックを動力源とした、バッテリー交換式のビジネス用電動三輪スクーター。雨や埃など天候の影響を受けにくくする大型のウインドスクリーンとルーフを装備している。
※2 Hondaのビジネス用電動バイクの総称

●Honda Power Pack Charger e: Prototype(パワーパックチャージイー プロトタイプ)
モバイルパワーパック専用充電器のプロトタイプ。置くだけで充電が開始され、満充電で自動的に充電を終了するシンプルなつくりに加え、多段の棚に並べて使用することを想定した横挿し設計としている。

●Honda Power Pod e: Prototype(パワーポッドイー プロトタイプ)
モバイルパワーパックの充電/給電器のプロトタイプ。モバイルパワーパックから電力を取り出し、非常時の電源や家庭内・屋外での電源として利用が可能。また、2台を並列運転することで、より長時間の電力を得ることができる。

●Honda Power Exporter e: 6000 Prototype(パワーエクスポーターイー6000 プロトタイプ)
電動車両(BEV・FCV・PHEV)から電気を取り出し、交流100V/200V、定格6kVAの出力が可能な、可搬型外部給電器のプロトタイプ。高品質な電気が求められる精密機器をはじめ、200Vの出力により、大きな電力を要する電気機器へも適応。幅広い電力供給ニーズに対応する。

●MEV-VAN Concept
既販のモビリティ向け電動パワーユニットシステムのコンセプトモデル。既販ガソリン車などの動力源として置き換えることで、バッテリーシェアリングによる利便性向上など、固定式バッテリーEVとは異なる魅力と価値の提供を検討している。今回の展示では、軽商用バン「N-VAN(エヌバン)」への搭載例を紹介する。

●小型電動推進機コンセプトモデル
海のモビリティにおけるカーボンニュートラル実現への取り組みの一つである、モバイルパワーパックを動力源に採用した小型船舶向け電動推進機のコンセプトモデル。電動による低騒音・低振動・ゼロエミッションに加え、発進直後から高いトルクでの力強い推進力を発揮する。

●eGX搭載電動レーシングカート コンセプトモデル
レース、レクリエーション領域での取り組みのひとつであるモバイルパワーパックと電動パワーユニット「eGX」を搭載した、電動レーシングカートのコンセプトモデル。

●電動耕うん機 コンセプトモデル
モバイルパワーパックを動力源とする、電動耕うん機のコンセプトモデル。電動ならではの簡単始動、ゼロエミッションに加え、高いトルク性能による優れた作業性を発揮する。

● モバイルパワーパックを活用したモデル

・電動マイクロショベル「PC05E-1」プロトタイプモデル(コマツ)
・電動バイブレーションローラー コンセプトモデル(三笠産業株式会社)
・電動ハンドガイドローラー コンセプトモデル(酒井重工業株式会社)
・スプリットライトLED投光機 PL-241SLB(デンヨー株式会社)
・YAMAHA MOTOR PLATFORM CONCEPT(ヤマハ発動機株式会社)
・秋田版スマート農業モデル創出事業 大玉トマト収穫ロボットコンセプト(株式会社デンソー)
・DX-CELLコンセプト(株式会社デンソー)

第13回【国際】スマートグリッドEXPO開催概要

・主催者:RX Japan株式会社
・開催日程:2023年3月15日(水)~17日(金)
・会場:東京ビッグサイト 東展示場1階
なお、本展示会はビジネス関係者のみ入場可能となっている。

TAG:

PHOTO GALLERY

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
中国から地球上最強コスパの新星EV現る! IMモーターL6の驚くべきスペックとは
BYDの売り上げ鈍化に注目しても意味なし! むしろ心配すべきはテスラか? BYDは利益率も投資額も驚くべき水準だった
いすゞがピックアップトラック「D-MAX」にBEVを用意! バンコク国際モーターショーでワールドプレミア予定
more
ニュース
名古屋エリアに初登場したBMWのハイヤーはEVセダン! 名鉄タクシーグループが「BMW i5」を1台導入
日本高圧電気とENEOSがEVトラックの未来を切り開く! 日本初のEV商用車向け充電ステーション実現のために「柱上設置型高圧受電設備」を開発
定額サブスクは法人ユーザーにもメリット大! KINTOがトヨタのPHEV4車種の取り扱いを開始
more
コラム
BYDがじわり進出もまだ日本のエンジン車が有利! EVシフトが進む「日本車天国」タイの動向
人気の軽EVのライバルとなるか? 日本導入も確実なヒョンデの小型EV「インスター」の気になる中身
価格競争力は十分! スペックも凄い! 驚異のEV「BYDシール」を「テスラモデル3」と徹底比較してみた
more
インタビュー
「EX30」に組み込まれたBEVの動的性能とは。テクニカルリーダーが語る「ボルボらしさ」
「EX30」には、さまざまな可能性を。ボルボのテクニカルリーダーが話す、初の小型BEVにあるもの
災害に強いクルマは「PHEV+SUV+4WD」! 特務機関NERVがアウトランダーPHEVを選ぶ当然の理由
more
試乗
EV専業の「テスラ」とEVに力を入れる従来の自動車メーカー「ヒョンデ」! モデルYとコナを乗り比べるとまったく違う「乗りもの」だった
誰もが感じる「ポルシェに乗っている」という感覚! ポルシェはBEVでもやっぱりスポーツカーだった
佐川急便とASFが共同開発した軽商用EV「ASF2.0」に乗った! 走りは要改善も将来性を感じる中身
more
イベント
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
レース前に特別に潜入! フォーミュラEに参戦する日産チームのテント内は驚きと発見が詰まっていた
日産がフォーミュラE「Tokyo E-Prix」開催前スペシャルイベントを開催! 六本木ヒルズアリーナに1夜限りのサーキットが出現
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

過去記事一覧

月を選択