THE EV TIMES

イベント

日本市場で存在感を増す新興EVメーカー……EV開発エンジニアのオートサロン探訪[その2]


TEXT:福田 雅敏 PHOTO:ABTwerke
TAG:

大型貨物EV「エレモ-L」はシンプルだが改善の余地も

HWエレクトロは、環境問題対策と社会貢献をテーマとした「エレクトリック–モビリティ–イノベーション」を推進し、次世代の多用途小型商用EV車「エレモ」の販売を行うファブレスメーカー。2021年4月に輸入小型の電気商用車として国内で初めてナンバーを取得し、同年7月24日より「エレモ」、11月20日より「エレモ-K」の販売を開始した。

今回のオートサロンでは、その上位機種となるバンタイプの「エレモ-L」を発表した。大型バンタイプの「エレモ-L」は、デザインをシンプルにおさえたことで使用用途を自由に発想できる新時代の多目的モビリティを目指しているという。

「エレモ-L」は、全長5,457×全幅1,850×全高2,045mmのボディに43.5kWhのバッテリーを搭載し、最大270kmの走行が可能。最大積載量は1,250kgで長さ2,890mm×バックドア開口幅1,330mm×同高さ1,265mmの荷室スペースをもつ。

徹底した軽量化を図るべく、アルミボディによる基本骨格を持ち、樹脂パネルも多用しているところが特徴だった。高いリサイクル率でSDGsにも資するという。

HWエレクトロはファブレスメーカーだけに「エレモ-L」をどこから調達したのか調べたところ、中国奇瑞汽車の商用車部門Karryからの調達だった。正直なところ、ボディの建付けなどは粗さがあり改善の余地があるように思った。しかし昨今の中国勢などの技術進化を考えれば、改善も早いのではないだろうか。

現在のところ価格は未定で初夏に発売予定だという。今回は参考車両として、貨物仕様以外にもアウトドア仕様も展示されていた。

HWエレクトロはカーコンビニ倶楽部と包括的戦略業務提携を締結したと発表があり、2023年中にカーコンビニクラブを通じて、1,000台の「エレモ-K」のリース販売を目指すと言う。

NEWS TOPICS

EVヘッドライン
日産、オープンのEVコンセプト「Max-Out」(マックスアウト)公開……デイリーEVヘッドライン[2023.02.03]
EVモーターズ・ジャパン、「第二回スマート物流EXPO」で商用EVトラックをアピール……デイリーEVヘッドライン[2023.02.02]
BYD、SUV型のEV「ATTO3」(アット3)が国内販売開始……デイリーEVヘッドライン[2023.02.01]
more
ニュース
マツダ、CX-90を米で世界初公開。日本向けのCX-80に継承される技術とは
BYDオートジャパン、日本第一弾のe-SUV「ATTO3」(アット3)を発売。価格は440万円
米フォード、「マスタング・マッハ-E」の販売価格を最大77万円値下げ。併せて増産を発表
more
コラム
[ID.4をチャージせよ!:その6]「e-Mobility Power」ネットワークは頼みの綱
[THE視点]現役エンジニアが見抜いた「日産サクラ」JNCAPファイブスター獲得の要因
岡崎宏司の「EVは楽しい!」第4回:MINI Eのヤンチャぶりに惹かれた!
more
インタビュー
BYDオートジャパン社長が考える日本進出戦略とは?[社長インタビュー:その 4]
BYDオートジャパン社長が考える日本進出戦略とは?[社長インタビュー:その 3]
BYDオートジャパン社長が考える日本進出戦略とは?[社長インタビュー:その 2]
more
試乗
[アウディQ4 e-tron試乗記]アウディの売れ筋BEVがついにローンチ その3 走りと今後の展開
[アウディQ4 e-tron試乗記]アウディの売れ筋BEVがついにローンチ その2 内外装
[アウディQ4 e-tron試乗記]アウディの売れ筋BEVがついにローンチ その1 車両概要
more
イベント
BBSが電気自動車をターゲットとした鍛造ホイール専用・新素材合金「フォルテガ」を発表
アウディ ジャパン、「Audi Sustainable Future Meeting」をアウディ浜松で開催。ショールームも急速充電もすべてグリーン電力で。
アウディ ジャパン、2023年はEV戦略を加速
more
more

PIC UP CONTENTS

デイリーランキング

ARCHIVE

月を選択